FC2ブログ

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

「学習運動ニュース」NO.460
「学習運動ニュース」NO.460
  2017年10月15日

第124期労働学校「憲法」教室を開校
小沢隆一(東京慈恵会医科大教授)さんが開校記念講演

  県労働者学習協会は10月7日(土)、第124期労働学校「憲法」教室を開校しました。
東京慈恵大医科大学教授で憲法学者の小沢隆一さんが「日本国憲法をめぐる最新の情勢」をテーマに記念講演を行い、総選挙活動で忙しい中、21名が参加しました。
 二面では、10月11日(水)、法政大学名誉教授の五十嵐仁さんが同教室の第二課(夜教室)で行った講義「安倍『改憲』はどこまできているか」を紹介しています。

 9条に自衛隊を明記することによって、9条が軍事に関する「制限規範」から「授権規範」に代わり、戦争法の制限が取り払われること。そして、軍事活動への国民の義務・罰則による強制範囲の拡大や軍刑法と軍事裁判所の新たな設置、米軍用地並みの土地収用法の変更など、法律の大きな改変につながること。軍事費の増大や軍事産業の拡大、国家予算が軍事優先となることにより社会保障がさらに切り下げられる事など、が詳しく解明されました。(詳細は下記の「紙面」を参照してください)

 三面は、県学習協の「学習の友」拡大月間(10月~12月)で、全国市民アクションが提起する3000万署名の推進・成功に貢献する「学習の友」の普及を呼びかけています。「九条の会」が10月5日に発表した「戦後日本の歴史と憲法の岐路に立って」(抜粋)も掲載しています。(「九条の会」hpで全文を読むことができます)

 四面で、『学習の友』11月号の特集「8時間労働を当たり前に・労働時間と残業を見直そう」をはじめ、「北朝鮮ミサイル・核実験をめぐる情勢」などタイムリーな読み物を紹介しています。
 「店長おすすめ今月の一冊」は“原爆詩”の朗読活動を長年続けている吉永小百合さんの「『吉永小百合の祈り』(NHKアーカイブス制作班 新日本出版社 1,300円+税)を紹介しています。ICANがノーベル平和賞を受賞した折り、一読をおすすめします。
 さらに、12月3日(日)の午後、横浜市従会館と横浜平和と労働会館を会場に開催される「2017年かながわ学習交流集会」を紹介・案内しています。
 多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

 以下、誌面を紹介します。
no460a16.jpg
no460b16.jpg
n0460c16.jpg
n0460d16.jpg





 
2017.10.17 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
コメント

コメントの投稿






| ホーム |