04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

第57回定期総会を成功させよう
「学習運動ニュース」NO.467
  2018年5月15日

『学習の友』の増誌で
 第57回定期総会を迎えましょう
 神奈川学習協は6月16日(土)、第57回定期総会を横浜平労会館4階で開催します。多くの会員の皆さんの参加で、1年間の活動経験を交流し、市民と野党の共闘の力で、改憲と政権を葬り去ることが可能な激動の情勢のもとでの定期総会を、『学習の友』の増誌で成功させましょう。

 二面では、2月23日に開校した第125期労働学校基礎理論教室が4月27日、全10回の講義を経て修了。老いも若きもが参加し、のべ169名が学んだ内容を「修了文集」の一節を紹介しながらレポートしています。6回以上出席の方々13名に新谷副会長から修了証書が授与されました。

 三面は、「全国学習交流集会 in 長野」(10月6・7・8日)の概要を紹介し、多くの仲間の参加を呼びかけています。
 また、2018年度勤通大の募集期間が延長になったことをお知らせし、積極的な受講をおすすめしています。

 四面で、「くらしがあやうい!よくわかるサイチン」を特集した『学習の友』6月号の主な読み物を紹介。生計費の原則とは?最低生計費の必要金額は?最低賃金を大幅に引き上げるにはどうすればいいか?最低賃金の引き上げは全ての労働者や日本経済にどう影響するのか?など、サイチンをさまざまな角度から考えています。
 「店長おすすめ今月の一冊」は、『歩き方で人生が変わる』です。福岡県・大牟田市の先駆的な取組みを紹介し、「歩く」効用を説いています。
 そして、新谷昌之副会長も執筆陣に加わった<新刊>『変えてはいけない憲法9条』を紹介し、アベ改憲を許さぬ闘いで積極的な活用を呼びかけています。

 以下、誌面を紹介します。
467a16.jpg
467b16.jpg
467c165.jpg
467d16.jpg


2018.05.17 | コメント(0) | page top↑
2018年度 勤通大、募集期間延長中
「勤通大ニュース」 NO.25
  2018年 5月15日

あたらしい勤通大へようこそ
入門コースがおすすめです
 2018年度勤通大、ただ今募集期間延長中です。
   ①グット入りやすく・パットわかりやすく
   ②社会の動きとしくみの核心をつかめる
   ③集団学習に適したコンパクトな分量
 こうした特徴をもつ「入門コース」がおすすめです。
 ちなみに、県内の受講生はただ今43名(5月15日現在)。
内訳は憲法コース2名、入門コース24名、労組コース17名となっています。
 また、労働者教育協会会長の山田敬男さんが、勤通大の歴史と特徴を述べ、アベ暴走政治をストップをかける闘いの歴史的な岐路のもと、勤通大受講を呼びかけるメッセージを掲載しています。

 二面では、神奈川の2017年度受講生138名(基礎:20名、労組:49名、憲法:各69名)の皆さんから「テスト」とともに寄せられている「感想文」の一部(その3)を紹介しています。
 また、2018年度の勤労者通信大学の受講を呼びかけ、「受講申込書」を掲載しています。

 以下、「勤通大ニュースNO.25」の誌面を紹介します。
25a16.jpg
25b16.jpg





2018.05.17 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |