FC2ブログ

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

主な事業
参院選で改憲派を「3分の2割れ」に追い込もう
「学習運動ニュース」NO.481
   2019年7月15日

参院選で改憲派を「3分の2割れ」に追い込み
 「日本国憲法どおりの日本」を建設しよう
 新谷副会長が、いま闘われている参院選で、改憲派の議席を「3分の2割れ」に追い込み、改憲発議阻止が当面の最大の闘いであり、選挙結果をうけて9月の「出発学習会」で新しく学習課題を提起することを明らかにしています。
 
 二面は、湘南・鎌倉逗子学習会議の共催で6月22日に開催された「市民講座」をレポートしています。法政大学名誉教授の五十嵐仁さんを講師に「安倍政権のファッショ化と参院選」と題した講座には23名が参加し、参院選直前の情勢と勝利の展望について学びました。
 そして、友寄英隆さんを講師に「AI(人工知能)の発展と私たちの仕事・くらし・社会」をテーマにした、次回「市民講座」の案内をしています。

 三面は、7月14日の『資本論』講座の様子と「感想文」を紹介し、修学旅行「五日市憲法を訪ねる旅」の案内をしています。

 四面は、『学習の友』8月号の特集記事「労働者、労働組合が元気なら戦争はおこらない」をはじめ、舞台女優・有馬理恵さんの手記、労働者・国民がどのように戦争に動員されたのか、「侵略戦争と植民地支配に対する責任」問題など、9条改憲が叫ばれている今、改めて平和について考えさせる内容です。
 「店長おすすめ今月の一冊」は、『老いと記憶 加齢で得るもの、失うもの』(増本康平著 中央新書 780円+税)の紹介です。老いによって生じる様々な変化をどう受け入れ、どのように過ごすかが、人生の評価には重要と私たちに教えてくれる一冊です。
 そして、恒例の東北復興支援ツアー(8月23日~25日)の案内です。

以下、誌面を紹介します。
481a16.jpg
481b16.jpg
481c16.jpg
481d16.jpg

2019.07.17 | コメント(0) | page top↑
ただいま59名(勤通大受講)
「勤通大ニュース」 NO.39
  2019年 7月15日

神奈川の勤通大受講者
 ただいま59名 (入門30・憲法20・労組9)
 今回、入門コースに湘央建設から10名、神奈川県職労連から5名の受講申込がありました。また、横浜北部地域ユニオンから憲法コースに2名の受講申込があるなど、新たな広がりをみせています。
 しかし、神奈川の受講申込みは7月16日現在、59名(入門30・憲法20・労組9)で、例年に比べて取り組みが遅れています。
 この機会に勤通大で学び、科学的にものごとを考えられる力を身につけましょう。

 二面では、入門コース・テキストの内容と受講者の感想文を紹介し、9月末日まで受付期間を延長した2019年度の勤通大への受講を広く呼びかけています。

 以下、「勤通大ニュースNO.39」の誌面を紹介します。
39a16.jpg
39b16.jpg

2019.07.17 | コメント(0) | page top↑
ゴーンで分かった資本主義社会の仕組み
「学習運動ニュース」NO.480
  2019年6月15日

改憲阻止の展望と本当の戦後日本史を学ぶ
  (第22期「貧困・安保・憲法」講座)

 3回の予定で6月6日に開講した第22期「貧困・安保・憲法」講座。6日と13日の2回の講座に41名が参加。新谷昌之さんを講師に、①「安倍明文改憲」阻止の展望、②改憲派が教えない本当の戦後日本史を学びました。
 
 二面は、5月25日に開催された第127期労働学校のレポートです。「ゴーンさんを題材に、資本主義の仕組みがとても分かりやすかった」などと、講義内容が青年層から年配者まで幅広い47名の参加者から好評でした。

 三面は、5月18日の第58回定期総会が40名の参加で成功裡に終わったことを報告。冒頭、「世界経済は今どうなっているのか?」と題して記念講演された萩原伸次郎会長の講演概要をはじめ、すべての議案と新役員が拍手で確認され、萩原伸次郎会長をはじめとする新役員を紹介しています。

 四面は、『学習の友』7月号の特集記事「政治は変えられる―参院選はチャンス」をはじめ、山田敬男・労教協会長の論文「安倍政治とは何だったのか」、Q&A「なぜ労働組合は政治にかかわるの?」など、7月の参院選に向けて大いに活用できる内容となっています。
 「店長おすすめ今月の一冊」は、『大量廃棄社会 アパレルとコンビニの不都合な真実』(仲村和代・藤田さつき著 光文社新書 880円+税)の紹介です。利益追及を第一とする資本主義の矛盾が浮かび上がってきます。本書の一読をおすすめします。
 そして、会費&『学習の友』誌代の納入と夏期カンパのご協力をお願いしています。

 以下、誌面を紹介します。
480a16.jpg
480b16.jpg
480c16.jpg
480d16.jpg






2019.06.19 | コメント(0) | page top↑
お急ぎ下さい!勤通大受講申込
「勤通大ニュース」 NO.38
  2019年 6月15日

お急ぎ下さい!勤通大受講申込
現在34人の申込み
 (入門10・憲法17・労組7)

 勤通大2019年度の募集期間が9月まで延期になりました。
 神奈川の受講申込みは、6月12日、34人(入門10・憲法17・労組7)で、例年に比べて取り組みが遅れています。
 勤通大で学び、勇躍して7月の参院選勝利に向けて奮闘しましょう。

 二面では、2018年度勤通大の修了率が6月12日現在、48,6%となったことを紹介しています。修了のカギが世話役・チューターの配置と集団学習の有無にあることを解説しています。
 楽しく集団学習をすすめ、1人残らず受講者全員の修了をまざします。

 以下、「勤通大ニュースNO.38」の誌面を紹介します。
38a16.jpg
38b16.jpg




2019.06.19 | コメント(0) | page top↑
みんなで学ぼう!1日労働学校(学習運動ニュース)
「学習運動ニュース」NO.479
   2019年5月15日

5月25日(土)は労働学校
 みんなで学びましょう

 5月25日(土)、朝9時から夕方5時まで「労働学校」を開講します。万国橋会議センター4階<中区海岸通4-23・045(212)1034>を会場に、昼食のお弁当をはさみ、4人の講師から第1限~第4限で学びます。会費は弁当込みで千円です。
 「カルロスゴーンからAI、日本国憲法、本当に豊かな人間の未来社会にするために」まで、多彩で豊かな学習テーマです。

 二面は、6月6日(木)開講の第22期「貧困・安保・憲法」講座のご案内です。県学習協の新谷昌之副会長を講師に昼教室で3回講座です。「明文改憲」を阻止し「憲法どおりの日本」をつくるために、あなたも「日本社会を変える本気の学習」に参加しましょう。
 積極的な参加をお願いします。

 三面は、5月12日に開講した第32期『資本論』第1部講座の概要を紹介しています。萩原伸次郎さん(県学習協会会長・横浜国大名誉教授)を講師に、32名の受講者(都合で3名欠席)が第1分冊の序言を学びました。
 また、「募集期間が延長」なった2019年度勤労者通信大学の受講を重ねて呼びかけています。とりわけ、今回は「憲法に即した税のあり方を学ぶ」ためにも「憲法コース」の受講を紹介しています。

 四面で、『学習の友』6月号の特集記事「消費税10%と税の取り方、使い方」をはじめ、図解や税の原則と憲法など、主な読み物を紹介しています。
 「店長おすすめ今月の一冊」は、「しんぶん赤旗」の連載記事を出版した年金・税金・医療など、すぐに使える社会保障読本としての『お役立ちトク本』『新 お役立ちトク本』です。お悩み解決した実例が満載の本書の活用をおすすめします。
 そして、5月23日開催の「ともとの会」の案内です。

 以下、誌面を紹介します。
479a16b.jpg
479b16a.jpg
479c16.jpg
479da6a.jpg



2019.05.15 | コメント(0) | page top↑
2019年度勤通大、受講申込を延長!
「勤通大ニュース」 NO.37
   2019年 5月15日

2019年度勤通大、受講申込を延長!
憲法・入門コースの積極的な活用を
 2019年勤労者通信大学は、ただいま募集期間を延長し、申込みをお待ちしています。
 10月からの消費税増税が問題になっていますが、そもそも消費税は「応能負担」原則を理念とする憲法に反するものです。また安倍内閣が、トランプ大統領の言いなりに戦闘機を爆買いしたり、米軍基地などに税金をつぎこむことは許されません。
 この機会に憲法コースで憲法に則した税のあり方を学びましょう。

 二面では、2018年度勤通大を修了された皆さんの声を紹介(NO.4)するとともに、修了率が約5割に達した修了状況の一覧表を掲載しています。受講者は修了めざし、最後の奮闘中です。

 以下、「勤通大ニュースNO.37」の誌面を紹介します。
37a16.jpg
37b16.jpg

2019.05.13 | コメント(0) | page top↑
日本社会を変える本気の学習!!
「明文改憲」を阻止し「憲法どおりの日本」を
<生徒募集中>第22期「貧困・安保・憲法」講座

 統一地方選挙後の新情勢と7月の参院選挙(場合によっては衆参ダブル選挙)の決定的な重要性や「令和」「代替わり」を政治利用した安倍明文改憲の動きなどを解明し、憲法どおりの日本社会を展望する県学習協会・専任講師 新谷昌之さんを講師とする3回シリーズの昼間の学習講座です。
 「憲法と安保条約を軸とした戦後日本史」を学び、「令和」を迎えた日本の現状をしっかりとつかみ、憲法どおりの日本社会をどう実現するか展望しましょう。
第22期

2019.05.08 | コメント(0) | page top↑
一日かけてみんなで学びましょう
一日かけてみんなで学びましょう
  第127期労働学校

 県学習協では5月25日(日)、第127期労働学校を開校します。
 「万国橋会議センター」4階会議室を会場に、新しい試みとして午前9時から午後5時まで、一日かけてじっくりと学びます。若いみなさん方の参加を考慮し、受講料は昼食付で1000円に設定しました。
 社会的に注目を集めたカルロス・ゴーンの逮捕から本当に豊かな人間の未来社会の展望についてまで、たっぷりと学ぶことができます。
 一日かけてじっくりと、みんなで学び、交流しましょう。
労働学校ビラ12


2019.05.08 | コメント(0) | page top↑
『学習の友』6月号の読み合わせ交流会を開催
『学習の友』6月号の
読み合わせ交流会を開催

気軽にご参加ください
  「ともとの会」
 県学習協では毎月1回、定期月刊誌『学習の友』を読み合わせ、交流する「ともとの会」を開催しています。
 5月は23日(木)午後7時から健康福祉総合センター8Fで開催します。一人ではなかなか読めないという方、交流しておしゃべりがしたいという方、どなたでも参加できます。『学習の友』をお持ちでない方には6月号をお貸しします。
 途中からでも、どなたでも参加できます。お待ちしています。
ともとの会1
2019.05.08 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |