06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

主な事業
『友』の増誌で第57回定期総会を開催
「学習運動ニュース」NO.468
   2018年6月18日

『学習の友』の増誌で第57回定期総会を開催

 神奈川学習協は6月16日(土)、前回総会時より『学習の友』読者を増やして第57回定期総会を開催しました。これには、県下各地から40名が参加し、単産や専門部、各地域の読者会、勤通大の取組みなどが報告され、議案を深めました。
 総会はすべての議案を拍手で採択し、2018年度の運動方針実践の先頭に立つ新役員を確認しました。萩原会長の主催者あいさつ(概要)も紹介しています。

 二面では、『学習の友』部をはじめ、各専門部、地域、単産からの発言(要旨)、渡部・新谷副会長の開会・閉会あいさつ(概要)、新役員を紹介しています。

 三面は、7月12日(木)18:45 スタートする第20期「貧困・安保・憲法」講座を紹介しています。米朝首脳会談が実現し、朝鮮半島が平和に動き始めました。次は沖縄です!日本の番です。タイムリーな企画です。憲法と安保条約を軸に、戦後日本史を学び、次の日本を考えましょう。
 また、6月中旬を迎え、新年度の学習協会費と『学習の友』誌代の納入、あわせて専従者体制維持の為の「夏期一時金カンパ」へのご協力もお願いしています。

 四面で、「若者によりそう」を特集した『学習の友』7月号の主な読み物を紹介。青年の置かれている厳しい現状を紹介し、SNSの活用で労働組合と青年のつながり方の可能性などをレポートしています。
 「店長おすすめ今月の一冊」は、『憲法24条+9条 なぜ男女平等がねらわれるか』と『右派はなぜ家族に介入したがるのか』です。憲法24条と9条との密接な関係が明らかにされています。
 そして、夏の恒例行事「東日本復興応援」ツアーの案内です。参加申込書を活用ください。

 以下、誌面を紹介します。
468a16.jpg
468b16.jpg
468c16.jpg
468d16.jpg




2018.06.25 | コメント(0) | page top↑
2018勤通大、50名が受講中
「勤通大ニュース」 NO.26
   2018年 6月15日

2018勤通大、50名が受講中
 県内の受講生はただ今50名です(6月15日現在)。内訳は憲法コース5名、入門コース27名、労組コース18名となっています。
初心者もベテランの方々も、勤労者通信大学で学び、新しい時代を切り拓く力を身につけましょう。

 二面では、受講生の皆さんから寄せられている「感想文」の一部(その4)を紹介しています。
また、募集期間延長中の2018年度・勤労者通信大学の「受講申込書」を掲載しています。

 以下、「勤通大ニュースNO.26」の誌面を紹介します。
26a16.jpg
26b16.jpg

2018.06.25 | コメント(0) | page top↑
生徒募集中!第20期「貧困・安保・憲法」講座
生徒募集中!第20期「貧困・安保・憲法」講座

 歴史的な初めての米朝首脳会談をうけて、朝鮮半島の平和体制の構築と北朝鮮の非核化に向け、「平和のプロセス」が始まりました。
 安倍政権は、「戦争する国づくり」を進めるうえで、北朝鮮の「脅威」を最大の口実にしてきましたが、「平和のプロセス」が成功すれば、その根拠を大きく失うわけで、日米安保条約の存在が根本から問われます。辺野古の新基地建設の理由も無くなります。
 憲法と安保条約を軸に、3回のシリーズで戦後日本史を学び、憲法9条を生かした日本の将来をご一緒に考えましょう。多くのみなさんのご参加をお待ちしています。
20期安保講座16
2018.06.25 | コメント(0) | page top↑
第57回定期総会を成功させよう
「学習運動ニュース」NO.467
  2018年5月15日

『学習の友』の増誌で
 第57回定期総会を迎えましょう
 神奈川学習協は6月16日(土)、第57回定期総会を横浜平労会館4階で開催します。多くの会員の皆さんの参加で、1年間の活動経験を交流し、市民と野党の共闘の力で、改憲と政権を葬り去ることが可能な激動の情勢のもとでの定期総会を、『学習の友』の増誌で成功させましょう。

 二面では、2月23日に開校した第125期労働学校基礎理論教室が4月27日、全10回の講義を経て修了。老いも若きもが参加し、のべ169名が学んだ内容を「修了文集」の一節を紹介しながらレポートしています。6回以上出席の方々13名に新谷副会長から修了証書が授与されました。

 三面は、「全国学習交流集会 in 長野」(10月6・7・8日)の概要を紹介し、多くの仲間の参加を呼びかけています。
 また、2018年度勤通大の募集期間が延長になったことをお知らせし、積極的な受講をおすすめしています。

 四面で、「くらしがあやうい!よくわかるサイチン」を特集した『学習の友』6月号の主な読み物を紹介。生計費の原則とは?最低生計費の必要金額は?最低賃金を大幅に引き上げるにはどうすればいいか?最低賃金の引き上げは全ての労働者や日本経済にどう影響するのか?など、サイチンをさまざまな角度から考えています。
 「店長おすすめ今月の一冊」は、『歩き方で人生が変わる』です。福岡県・大牟田市の先駆的な取組みを紹介し、「歩く」効用を説いています。
 そして、新谷昌之副会長も執筆陣に加わった<新刊>『変えてはいけない憲法9条』を紹介し、アベ改憲を許さぬ闘いで積極的な活用を呼びかけています。

 以下、誌面を紹介します。
467a16.jpg
467b16.jpg
467c165.jpg
467d16.jpg


2018.05.17 | コメント(0) | page top↑
2018年度 勤通大、募集期間延長中
「勤通大ニュース」 NO.25
  2018年 5月15日

あたらしい勤通大へようこそ
入門コースがおすすめです
 2018年度勤通大、ただ今募集期間延長中です。
   ①グット入りやすく・パットわかりやすく
   ②社会の動きとしくみの核心をつかめる
   ③集団学習に適したコンパクトな分量
 こうした特徴をもつ「入門コース」がおすすめです。
 ちなみに、県内の受講生はただ今43名(5月15日現在)。
内訳は憲法コース2名、入門コース24名、労組コース17名となっています。
 また、労働者教育協会会長の山田敬男さんが、勤通大の歴史と特徴を述べ、アベ暴走政治をストップをかける闘いの歴史的な岐路のもと、勤通大受講を呼びかけるメッセージを掲載しています。

 二面では、神奈川の2017年度受講生138名(基礎:20名、労組:49名、憲法:各69名)の皆さんから「テスト」とともに寄せられている「感想文」の一部(その3)を紹介しています。
 また、2018年度の勤労者通信大学の受講を呼びかけ、「受講申込書」を掲載しています。

 以下、「勤通大ニュースNO.25」の誌面を紹介します。
25a16.jpg
25b16.jpg





2018.05.17 | コメント(0) | page top↑
2018年度・勤通大の取組みを本格化
「学習運動ニュース」NO.466
 2018年4月15日

第3回「かながわ勤通大のつどい」を開催
2018年度 受講生220名の目標達成を

 神奈川学習協は3月19日(月)、第3回「かながわ勤通大のつどい」を横浜市健康福祉総合センターで開催しました。各労働組合の教宣担当者など16名が参加し、山田敬男学長から勤通大運動の役割と魅力を学び、学習経験を交流しました。

 二面では、2月12日から57名の参加で始まった毎月1回の第31期『資本論』第一部講座で、萩原伸次郎先生の第一分冊の講義が4月で修了し、5月から山崎圭一先生の第二分冊の講義が始まることを紹介しています。
 また、4月15日(日)の古典学習会、「ジョン・リード『世界をゆるがした10日間』」に17名が参加し、ロシア革命の世界史的意義と日本社会の豊かな未来社会の展望を学んだレポートを掲載しています。
 県学習協は6月16日に第57回定期総会を開催します。会員のみなさんに「『学習の友』を増やして県学習協の第57回定期総会を迎えましょう」と呼びかけています。

 三面は、入門コースが新設される2018年度勤労者通信大学の案内を掲載し、多くの皆さんの受講を呼びかけています。
 また、定期総会を控え、会費と『学習の友』誌代、勤通大受講料の速やかな完納のお願いを掲載しています。

 四面で、「日本国憲法の実現で未来を開く」を特集した『学習の友』5月号の主な読み物を紹介。憲法を守り生かす運動をすすめていく上で役立つ記事が満載です。
 「店長おすすめ今月の一冊」は、今注目されている東京新聞の望月記者執筆の『新聞記者』です。菅官房長官の“天敵”と言われる望月記者の奮闘ぶりが分かります。
 そして、6月16日開催の県学習協・第57回定期総会を案内し、参加を呼びかけています。

以下、誌面を紹介します。


続きを読む
2018.04.18 | コメント(0) | page top↑
ただいま 2018年度 受講生募集中(2)
「勤通大ニュース」 NO.24
  2018年 4月15日

第3回「かながわ勤通大のつどい」を開催
 山田 敬男 会長が記念講演


 3月19日(月)、第3回「かながわ勤通大のつどい」が開催されました。これには、労働組合の教宣部の担当者など16名が参加し、山田敬男・勤通大学長の記念講演から勤通大運動の役割と魅力を学びました。(記念講演の概要を紹介します)
 これには、労働組合の胸腺担当者など16名が参加し、学習経験を交流するとともに2018年度の勤通大受講生の目標220名の達成めざして取組みを本格化していくことを確認しました。

 二面では、神奈川の2017年度受講生138名(基礎:20名、労組:49名、憲法:各69名)の皆さんから「テスト」とともに寄せられている「感想文」の一部(その2)を紹介しています。
 また、2018年度の勤労者通信大学の受講を呼びかけ、「受講申込書」を掲載しています。

 以下、「勤通大ニュースNO.24」の誌面を紹介します。
no24a16.jpg
no24b16.jpg

2018.04.17 | コメント(0) | page top↑
分かりやすい説明で好評!労働学校
「学習運動ニュース」NO.465
  2018年3月15日

第125期横浜労働学校基礎理論教室
第1課~第3課で延べ63名が学ぶ

 2月23日(金)に開校した第125期横浜労働学校基礎理論教室。第1課~第3課までの講義に、夜教室だけで、14歳から83歳まで、幅広く、延べ63名が参加し、熱心に学びました。「社会の法則的発展・変化とその原動力について、分かりやすい説明で理解しやすかった」などの声が寄せられています。

 二面では、125期横浜労働学校基礎理論教室の後半、3月30日から始まる第6課~第10課までの講義内容を紹介し、「闘い方と勝利の展望・哲学」を学ぶことを呼びかけています。
 また、4月15日(日)開催予定のロシア革命100周年(2017年11月7日)記念学習会「ジョン・リード『世界をゆるがした10日間』の案内を掲載しています。

 三面は、入門コースが新設される2018年度勤労者通信大学の案内を掲載し、多くの皆さんの受講を呼びかけています。
 また、会計年度末を控え、会費と『学習の友』誌代の納入のお願いを掲載。

 四面で、「労働組合があればできること」を特集した『学習の友』4月号の主な読み物を紹介。仲間づくり、組織化をすすめる上で、役立つ記事が満載です。
 「店長おすすめ今月の一冊」は、今話題の『君たちはどう生きるか』です。若者ばかりでなく、人生経験の豊富な方々にも一読をお勧めします。
 激動の情勢を切り開くために、既刊『学習の友』憲法別冊と国民春闘白書を再度紹介し、積極的な活用を呼びかけています。
465a16.jpg
465b16.jpg
465c16.jpg
465d16.jpg



2018.03.17 | コメント(0) | page top↑
ただいま 2018年度 受講生募集中
「勤通大ニュース」 NO.23
  2018年3月15日

ただいま 2018年度 受講生募集中
あなたも勤労者通信大学で学びましょう

 激動の情勢のもと、安倍暴走政治にストップをかける国民的なたたかいを飛躍・発展させるために、今こそものの見方・考え方、政治や経済のしくみ、歴史の発展に関する「そものも」の学習が強く求められています。
 そのための最適の教材・システムが「勤通大」です。この機会にあなたも勤通大でご一緒に学びませんか。「受講申込書」も掲載して、あなたの受講申し込みをお待ちしています。

 二面では、現在「基礎コース」を学んでいる全労連・全国一般日本ヘルス工業分会の静岡県の仲間。
チューターの深澤さんに聞きました。
 また、神奈川の2017年度受講生138名(基礎:20名、労組:49名、憲法:各69名)の皆さんから「テスト」とともに寄せられている「感想文」の一部(その1)を紹介しています。
23a16.jpg
23b16.jpg

2018.03.17 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |